古着転売で大学生時代の生活費を稼いでいた話

こんにちは!明日からやるのすけです!

最近は秋の風を感じ、涼しくなってきましたね。

今日は僕が大学時代にやっていた副業を紹介するぜ。

てか学生の副業っていう言い方はおかしいな。。本業は仕事じゃなくて勉強やし。まあそれはいいとして、僕は学生時代古着転売で生活費を稼いでいた時があります。おおよそ2年くらい転売してたかな。

まずどのように稼いでいたかというと、古着屋に行って古着を大量に仕入れる→それらをヤフオク、ラクマ、メルカリに流すだけという簡単なビジネス。

まあ俗にいう転売ヤーてやつっすね。時には古着以外でも新品の手に入りにくいブランド物とかも仕入れてやってました。

 

これが割と儲かるんですよ。月によってばらつきはありますが、大体3〜5万ほどの利益を出してました。普通にコンビニでアルバイトしたら大体月5万くらいですよね。その額を僕は隙間時間でやっていました。大体労働時間でいうと、週1回の仕入れに2時間、商品の写真撮ったりなどに週2時間、発送作業に月2時間程度、月の労働時間12時間くらいで3万から5万稼げてたのでかなり高給なビジネスだったなあと思います。

 

んじゃ、なぜこのビジネスを途中でやめてしまったかというと、、、

 

転売って在庫かかえるんですよ。大学生なんでワンルームのせっまいとこに住んでるわけで在庫抱え出すと生活スペースがどんどんなくなっていくんですね。

あと、唯一仕入れていた近くの店が潰れてしまい、メインの仕入れ先がなくなって大幅に収益がダウンしてしまったんですよ。そんなこともあって転売のビジネスからは足を洗って普通にバイトを始めてしまいました。

 

今思うと、俺ってアホやなって思います。なぜなら、在庫が増えたならレンタル倉庫を借りればいいし、仕入れ先が潰れたなら、原付でも買って新しい仕入れ先開拓したらよかったと思います。(当時は自転車移動)

当時自分でビジネスをしたのは初めてだったし、事業が拡大していくことに少し恐れがあったのかもしれない。あのまま拡大して行ったら僕はいまタクシードライバーなんかしてなかったかもなあと思ったりもしてます。笑

まあ、失敗から学ぶこともありますし、あの経験はいい経験だったと今は思いますが、やはりもっと頑張ればよかったと後悔!!

 

このビジネスは学生にかなりおすすめのビジネスだから、学生の皆さんよかったら試しにやってみてください。いろんな勉強になりますよ。普通のバイトと比べて、時間も無駄にならないし。

 

コメント