タクシーで「急いで」って怒鳴るやつ、タイムマネジメント出来てないのわかってる?

仕事

僕は現在タクシードライバーとして働いているのですが、タクシードライバーとして働いているとよく遭遇するのが「急いでいるお客さん」

急いでいるお客さんの100%がマジで態度悪いです笑。かなり上から目線で偉そうに指図してくるやつが大半。そういう人たちに僕は今日言いたいのは、

 

「お前らタイムマネジメント出来てないくせに偉そうに怒鳴ってくるんじゃないよ。」

 

まずそう行ったお客さんの大半が寝坊です。寝坊ですか?と聞いたわけではないですが、特に通勤の時間帯に多いため、寝坊の可能性が高いと僕は勝手に決めつけています。寝坊は完全に100%自分のミスですよね。なのに僕らタクシードライバーに怒鳴りつけてくるんですよ。急げと。まあ100歩譲って急ぐのは別に構わないのですが、なぜか好戦的な態度なんですよね。「ちょっと急いでくれますか?💢」とか。ひどいやつに至ってはいきなり「あのー急いでるんですけど?💢」と途中から言ってくるやつ。

最初から言えや。

って思います。

 

そもそも僕らタクシードライバーの使命は「お客様を安全に行き先へ届ける事」なんですね。急ぐとなるとやはりスピードは出しますし、事故に遭う可能性が高くなります。そうなると僕らの仕事の安全面がなくなってしまい。仮に事故をした場合、会社のイメージは下がりますし、事故のすべての責任はドライバーにかかってきます。そんな背景も全く考えずに「急げ」と高圧的に言ってくるやつはほんとうに人間として終わっているか、または頭が悪いかのどちらかです。事故が起きた時の責任取ってくれるんですかね?違反切符取られて免停になって仕事ができなくなった時の責任取ってくれるんですかね?いや取ってくれません。というか取れません。すべてはドライバーの責任なので。

先ほどは寝坊の例をあげましたが、寝坊以外でも急いでいるということは、タイムマネジメントがうまくいっていない証拠なんです。スケジューリングを失敗したんです。要するにタクシーで急いでいる人は「時間管理ができないダメ人間なんです。」

実際急いでいるお客さんの多くは出来の悪そうなサラリーマンが多いです。見た目ですがね。逆に社長や役員っぽいは人はかなり落ち着いています。というかそういった人で「急げ!💢」と怒鳴られたことがありません。やはり時間管理のできる人間は出世するということです。

時には「取引先との重大な会議があるから急いでくれますか?」とかあたかも自分は大事な会議に出れるほどすごいやつなんだぞ。と遠回しに自慢をするかのように言ってくるやつもいますが、

お前大事な会議ならもっと早めに家出ろや。もっと早めに出先から出ろや。

 

この記事を読んで「あ、自分怒鳴ったことあるかも」って思った方。タクシードライバーをしている身からすれば、急いでいるお客さんは時間管理ができない人と認識するので皆さんも気をつけてくださいね。しかし、人間なので遅刻や、スケジューリングミスはあると思います。そんな時はタクシーを使って急いでもらっても構わないのですが、言い方には気をつけてください。

 

そして、乗車後に「ありがとう。」の一言でも言え!!!!!!

 

コメント