タクシードライバーは雇われ経営者である。

未分類

こんにちは。明日からやるのすけです。

本日はタクシードライバーは雇われ経営者であるということについてお話ししたいと思います。

タクシードライバーは経営者?何言ってんの?と思われるかもしれませんが、これは本当のことなんです。タクシードライバーは経営者なんです。小さな社長なんです。

 

タクシードライバーの給与形態

 

まずはタクシードライバーの給与形態について説明したいと思います。タクシードライバーの給与は基本給+歩合給のところがほとんどだと思います。

基本給の部分や歩合の割合は会社によって様々だと思いますが、おおよそどこも大体同じでしょう。基本給は15〜20万くらいでしょう。

次に歩合ですが、月売り上げの35〜40万くらいのノルマを超えた分が支給されるところがほとんどではないでしょうか。

ですから月売り上げが60万であった場合、ノルマを40万とすれば残り超えた分の20万が歩合分の給料となるわけです。つまり、基本給20万+歩合分20万で40万円が給料となります。

表面的に見れば、普通の歩合制の仕事のサラリーマンと変わりはないように見えますが、掘り込んでみると、この給与形態には経営者と呼べる要素があるんです。

それは次にお話しします。

 

タクシードライバーが経営者であるワケ

 

タクシードライバーにおける給料とは

タクシードライバーの給与は基本給+歩合給と言いましたが、これに裏があるんですね。

まずタクシードライバーは“給料”という考えは捨てたほうがいいです。僕らがもらっているのは給料ではなく売り上げです。会社が給料をくれるわけではありません。

どういうこと?となると思います。僕も初めは会社から給料をもらっていると思っていました。しかし、実は違いました。

 

結論から言わしていただくと、ドライバーは会社からタクシーを借りてフリーランスで営業しているんです。

借りている為、車の維持費は自分で払わないといけません。1ヶ月に1台20万くらい維持費がかかります。

この維持費をまず稼ぐ必要があります。そして次に、自身の基本給の分を稼がないといけません。なので大体35万〜40万は稼ぐ必要があります。

もしノルマ分稼げなかった場合、赤字になります。では赤字になった場合、給料は満額もらえないのではないか?と思うかもしれませんが、ここで”雇われ”である要素が出てきます。なんと赤字分は会社から借金することができるんです。

例えば、基本給20万でノルマが40万円だったとします。しかし、月の売り上げが35万だったとしましょう。そうすれば、5万円分赤字です。

そうなると給料は20万円ではなく15万になってしまいます。

しかし、会社が5万円分を借金として貸してくれるのです。そのおかげで最低限の給料は満額もらえることができるのです。ですが、悲しいことに借金がたまると歩合がもらえなくなるんです

歩合をもらうにはその5万円分を翌月に回収しないといけないのです。タクシードライバーをしていて給料が低い人はこの借金が溜まってなかなか返せない人たちだです。

 

タクシーの給与形態を簡単に表すと

基本給20万+車の維持費20万=ノルマ これは絶対稼がないといけない分。

 

要するに基本給20万+車の維持費20万は経費なんです。ノルマを超えた分が利益(歩合)となるんです。

 

普通の会社なら基本給は寝てても貰えて、寝ててもボーナスもついてくると思いますが、ドライバーはそうはいきません。休んだら売り上げがなくなります。サボっても最低限の給料は貰えますが、会社からの借金が膨らんでいき、一生歩合をもらえることができません。

 

どうでしょうか。この給与形態は完全に経営者ですよね?

 

本来の経営者なら赤字になれば本当の利子付きの借金をしないといけないと思いますが、タクシードライバーは無利子の借金(やめたら返さなくていい)を借りれるのでこの辺は雇われのいい部分が出ていると思います。

 

・経費を削減してノルマを低く設定する

車の維持費は約20万くらいと言いましたが、その内訳はガソリン代や会社へ渡す分などが含まれたものです。なのでエコドライブを徹底し、ガスを節約すれば経費削減できるんです。また、タイヤや故障なども自身で払わないといけません。それはもちろん貯めた歩合(利益)から消えていきます。それを防ぐために普段から大事に車を扱ったりして故障を防止します。

 

最後に

 

たくさんお話ししましたが、このように給与形態が経営者のようなシステムになっているんです。

なので町で走っているドライバーに対して底辺の仕事、誰でもできる仕事、楽なんでしょ?などとは言ってあげないでください。

僕らは必死に売り上げをあげるためにいろいろ研究し、経費を削減するためにアイデアを日々ひねり出し悪戦苦闘しながらタクシー一台で経営をしているんです。

この記事を読んでタクシードライバーの仕事に対するイメージが変わってくれたら嬉しいです。

 

 

コメント