アルバイト

【学生必見】楽なバイトの探し方!ブラックバイトを避ける方法。

アルバイトが決まったけど、実際働いてみたら面接で聞いた内容と違った、、、ムカつく先輩がいた、、給与面がおかしかった等、入ってみたら現実と違うバイトってありますよね。

俗にいうブラックバイト、地雷バイトと言われるやつです。

 

この記事では、そういったブラックバイト、地雷バイトを避ける方法をお教えします!

楽なバイトの探し方

ネット、雑誌に掲載されている求人には応募してはいけない

バイトを探すとなったら、まずは求人誌を読んだり、ネットのバイト求人を見ますよね。

しかし、その方法は地雷を踏みやすいです。

なぜ地雷を踏みやすいかというと、基本的に求人誌に広告を出せる会社やお店は広告費を払って、求人票をネットや雑誌に掲載します。

ネットや雑誌に求人を掲載するメリットとしては、瞬時にに人材を確保することが出来るということです。

要するに、ネットや雑誌に求人を掲載している会社やお店は、早急に人材を欲しているということです。

 

早急に人材が必要→人手が足りていない状況

 

であると考えることができます。人が足りていないということは離職率が高い職場であると考えることができ、離職率が高い職場=きついバイトが成り立ちます。

実際、僕自身も大学生の時に多くのアルバイトを経験してきましたが、大手求人に掲載されている職場はほとんどがブラックでした。そして、離職率もかなり高かったです。

店の前に張り出されてる求人を探す

ネット求人、求人誌を避けるとなれば、どのようにしてバイトを探せば良いでしょうか。

それは簡単です。自らで街に足を運び、お店の前に張り出されている求人を見つければ良いです。

先ほど、企業や店舗側は人材が欲しい時、ネット求人や求人誌に求人を掲載すると言いましたが、その場合は、人材がいち早く欲しいからです。

では、店舗に張り出されている求人はどうでしょうか。

店舗の前に張り出されている求人は広告効果が低いので、すぐに人材は集まりません。要するに、今すぐに人材は必要としていないけど、募集はしているよという状態です。

したがって、離職率が低い職場だと判断できます。

 

ただし、注意点が1つだけあって、ネット求人に掲載している店舗や企業は店舗にも求人を張り出しています。

したがって、店舗前に張り出されている求人すべてがホワイトではないということです。

良い感じの店舗求人を見つけたら、まずはネットで求人があるか検索してみて、検索にヒットすれば、そこはブラックであると判断し、検索にヒットしなければホワイトと判断すれば良いと思います。

友達から紹介してもらう

これがおそらく、1番最強の楽なバイトの探し方だと思います。

この方法が最強な理由は3つあり、

 

・友達が経験しているので、既に楽であることがわかる

・友達推薦なので、ほぼ100%合格

・現在も友達が働いているなら、友達と仕事ができて楽しい

 

このように友達が推薦が現状では、1番最強の楽なバイトの探し方だと思います。

デメリットとしては、ぼっちだったり、紹介してもらえる機会は縁の要素が強かったりと、なかなか紹介されるまで漕ぎ着けない可能性が高いので、今すぐにバイトがしたいと思っている人には不向きの探し方ですね。

オープニングスタッフに応募する

先ほど、ネット求人、求人誌から応募してはいけないと言いましたが、例外もあります。

オープニングスタッフ募集であれば、ネットや求人誌から応募しても大丈夫です!

なぜなら、オープニングスタッフは入った瞬間に、自分が1期生の扱いになります。要するに、先輩がいない状態です。バイトでの嫌なことって先輩がうざかったり、人間関係での要素があると思います。

オープニングであれば、その要素はなくなりますので、おすすめです!

オープニングの場合、ゼロからのスタートの雰囲気が強いので、オーナーや正社員ですら右も左も分からない状態です。みんなで同じスタートラインから成長していくことができるます。そのおかげで、自分にとって働きやすい環境を築いていくことが可能です。

マイナーな求人サイトで探す

大手求人サイトは避けるというやり方です。

なぜマイナー求人サイトが良いかというと、マイナー求人サイトは基本的に広告を掲載する際にかかる費用が低いです。

裏を書けば、マイナーなサイトに求人を出している企業や店舗は、まだ最近できたばかりの企業や店舗である確率が高いと考えることができます。できたばかりの企業や店舗は、右も左も分からない状態なので、変な規律などがなく、規律を自分が作っていくという立場になれる可能性が高いです。要は先ほど述べたオープニングスタッフと同じ考えです。

他にもこじんまりした個人店などが求人を掲載する可能性が高いのでオススメです。

個人店のホワイト率はかなり高いです。(経験上)

 

まとめ

この探し方は僕自身が大学生の時に、数アルバイト経験した結果編み出した方法です。

バイト選びも時間と労力を使うので、失敗したら嫌ですよね。なので、これらの方法を試してみて楽なバイトを探してみて欲しいです。

バイト探しならマッハバイトがおすすめ!

バイト探しで困っているならマッハバイトに登録して探そう!

マッハバイト経由で採用されたら、お祝い金が1万円も貰えちゃいます!

マッハバイトのメリット

・採用から最短翌日にマッハバイトからお祝い金1万円

・検索方法が多様でマッハでバイトが見つかる

・業界トップクラスの210,000件以上の求人情報掲載中

・旧ジョブセンスなので安心!

マッハバイトでバイトを探す!