映画レビュー

映画「インバージョン 転移」のレビュー!クセの強いの恋愛映画だった!!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BAfp1o5FcO8


感染系の映画観たいなと思ってたところ、Huluにて謎の感染系の映画を発見したので観てみました。

パッケージだけ見たらパンデミック系のゾンビ物に見えるけど。

 

この映画、結構本気のラブストーリーでっせ。

 

では、レビューしていきます!!

 

作品情報、あらすじ

作品情報

監督はデビット・ヤロベスキーという謎の監督による作品。

ちなみに、2015年にアメリカで公開された作品の模様です。

あらすじ

見知らぬ小屋で意識を取り戻したアダムは、記憶を失くしていた。壁には、「思い出せ」と書かれたメッセージ。フラッシュバックと共に、戻りはじめる記憶……。アダムと3人の仲間たちは、山奥に墜落する飛行機を目撃。駆け付けた事故現場で、謎のウィルスに感染したのだ。感染した人間は口から黒い液体を吐き散らし、凶暴化する。一人また一人、変身してゆく恋人や友人たち……。やがて、すべての記憶が蘇った時、アダムに襲いかる究極の恐怖とは?

https://filmarks.com/movies/71974より引用

 

ざっとネタバレなし感想!

まず最初に言っておきたいことは、

この映画は超ド級のB級作品です。

観る前からB級だとわかってはいたものの、A級作品じゃないか?と期待をしてしまった自分を殴ってやりたいですね。

とは言え、近頃はB級って言っても良い意味で使われたりしますよね。

例えば、ゾンビもので言えば「バタリアン」、「ショーンオブザデッド」、「28日後」

これらの作品もB級と言われてますけど、普通にA級ですよね。

そういうポジティブなB級じゃなくて、これはマジ物のB級です。

ゾンビものって飽和化しすぎてて、普通のゾンビ映画だと売れないのが現状ですよね。

だから続々と出てくるゾンビ作品はいろんなキャラクターがあったり、設定が独特だったりしますよね。

ちなみに、この映画のゾンビの特徴は人間を食うタイプではないです。

人間に黒い液体を吐きかける系のゾンビです。

そういう意味では、ゾンビ特有の食人するシーンがないのでグロテスク性は低いです。

なんだか、スマートな印象を受けましたね。

というか、そもそもこの映画のゾンビは賢いです。ネタバレになるのであまり必要以上言えませんが・・

さらに驚いたことは、差別化を測ろうとしすぎた結果なのか1周周ってしまて

ガチガチのラブストーリーに仕上がってます。笑

監督は他作と差別化を測ることを意識しすぎて、ゾンビの設定、ゾンビの恐怖を忘れてしまったんじゃないの?と思えてしまうくらいラブの強い映画でしたね。

ちなみに本作のラブストーリーの内容としては、

愛の証明についてですね

伏線回収もあったりして、ラブストーリーとしてみたら意外に面白かったりするので是非観ていてはいかが?

 

 

 

 

※これ以降はネタバレを含むレビューとなります。

 



 

ヤリチン批判映画

パンデミックサスペンス系の映画だと思いきや蓋を開けてみると、ラブストーリーでしたね。

主人公はサマーキャンプで寂しさを埋めるために、いろんな女を抱いていて、親友の彼女も抱いた。そんなヤリチンの主人公がヒロインとのケイティと関係を持とうとした時に、ケイティが「愛してる」なんて簡単に言わないで!と主人公に対して一喝。

愛しているなら、体の関係じゃなくて行動で示してと言う。

本当に愛してるんだよー!!と主人公はワーワー言います。

これがこの映画1番の伏線でしたね。

最終的に、ゾンビ化した彼女楽にさせるため、「愛してる!」と言って息の根をとめる。

いやー、綺麗に伏線回収したなーって思いました。

これって一人の青年の愛に対する成長物語ですよね。少年が大人の階段を登る様を描いた青春ラブストーリーですよ。

このように、ラブの方はいい感じに仕上がってますね。

要はヤリチンはだめよ?ってことですよね。

結局ウイルスの正体は謎のまま

結局ウイルスはどこから来たのか?誰が何のために作ったのか不明のままです。

観る側からすれば、愛の証明なんかよりこっちの証明をしてくれよ!思いましたね。笑

なんとなくロシアが秘密開発していた兵器?のようなかんじですが、もっと具体的に教えて欲しかったですね。

ウイルスに感染すると他人の思考にアクセスできる最強のソーシャルネットワークのような存在となるみたいな設定で、科学的な研究のシーンがあったりするにも関わらず、そのウイルスの効果は非現実的でオカルト要素が強い。

その設定がB級感を加速させましたよね・・・・

感染したら他人の意識にアクセスできるメカニズムを証明していればもっとよかったんじゃないかなと思いました。

まあ、設定にひねりをかけすぎでしたね。

サスペンスっぽいのにサスペンスじゃない

冒頭から謎の部屋に閉じ込められている感じから、「saw」を彷彿するような謎解き系だと思ったんですが、謎解きではなく、主人公が忘れたことをただ思い出していく作品でしたね。

思い出した内容も、えー!?そうだったの?と思わせる内容でもなく、終始「?」な内容。

視聴者にもっと予想させて、その予想を裏切るような工夫をしてほしかったですね。

サスペンス系に見えるが、まさかのどんでん返しは一切なしの意味不明な映画。

ある意味騙されたよ・・

まとめ

やるぶろ的評価は

です。

まあこんなもんでしょう!