映画まとめ

営業マンにおすすめのビジネス映画まとめ!仕事のモチベーションが上がる!

営業マンって毎日大変ですよね。

ノルマに追われたり、頑張っていても成果が出なかったり・・。

モチベーションが上がらないときもありますよね。

そんな時にモチベーションを上げてくれる営業マンにおすすめの映画をご紹介!

観るだけで成績が上がるかも!?

ウルフ・オブ・ウォールストリート

あらすじ

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

出典:yahooo映画

感想とおすすめポイント!

ジョーダン・ベルフォートというウォール街のウルフと呼ばれた最強の投資家の人生を描いた実話の物語。

実話なのに非リアリティな大富豪生活がすごい!

金持ちになるとこんな生活ができるかも!?というような常人には考えられないような事が起こるのが映画の見所!!

また、ゼロから会社を立ち上げ、社員を育成していくシーンは実際のビジネスでも役立つようなシーンが満載。

すべての営業マンが絶対に観るべき作品!!

・成功へのモチベーションが高まる!

・社員の育成方法がわかる!

・話術が参考になる!

ウルフ・オブ・ウォールストリートを観る

摩天楼を夢見て

あらすじと解説

気鋭の劇作家で監督でもあるD・マメットのピューリッツァ賞戯曲を彼自身が脚本化、「アフター・ダーク」のJ・フォーリーが演出した、男たちのドラマ。ニューヨークにある大手不動産会社のセールス部門。不動産不況の折、本社から若い幹部が乗り込んできて「成績の悪い営業マンはクビだ」と脅しをかけてきた。そして、不動産セールスマンたちの凌ぎを削る争いが繰り広げられる。5人の実力派俳優たちによる緊張感みなぎる演技合戦が見所。

出典:yahoo映画

感想とおすすめポイント!

投資不動産営業マンに絶対に見て欲しい作品!!

売れれば金持ち。売れなければクビ。

そんな投資不動産営業マンにの過酷さがリアルに描かれています!

・不動産営業のノウハウが身につく。

・不動産営業の厳しい環境はどこも同じ!?

・顧客情報が大事!(不正入手はだめだよ)

ウォール・ストリート

あらすじと解説

オリバー・ストーン監督&マイケル・ダグラス主演による名作「ウォール街」の23年ぶりの続編。前作の最後に逮捕され収監されたウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(ダグラス)が長い刑期を終えてニューヨークに帰ってきた。疎遠になっていた娘ウィニーとの関係修復にとりかかるゲッコーだったが、ウィニーは強欲な犯罪者の父親を毛嫌いしていた。そんな中、ゲッコーはウィニーの婚約者でウォール街で一旗揚げようとしている野心家の青年ジェイコブと出会う。共演はシャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン。

出典:映画.com

感想とおすすめポイント!

20代若手営業マンが巨額なマネーを動かす様は圧倒的かっこよさ!

営業マンのノウハウが詰め込まれていて、モチベーションが上がります。

・主人公のプレゼンシーンがすごい!

・若くして成功する羨ましさ。

・証券、金融の勉強になる。

関連記事:営業マンは必ず観ろ!映画「ウォール・ストリート」(2010)の感想。

ウォール・ストリートを観る

幸せのちから

あらすじ

骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は、大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られた彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを受講しようとするが……。

出典:yahoo映画

感想とおすすめポイント!

ホームレスから億万長者へと人生逆転成功したクリス・ガードナーという人物の半生を描いた作品!

ちなみに実話です!

冴えないMRの営業マンが証券営業マンへとシフトし、大成功を収めるサクセスストーリー。

業界を変える事が成功の道でもあることに気付かさせてくれます!

・異様種に転職したい人向け!

・今いる業界が自分に合っているのかどうか見つめ直せる。

・成功の裏にはドン底もある!