ガジェット

【定番】Go Proの3way自撮り棒は絶対純正を買うべき!ここはケチるな!

Go Proを買ったらまずアクセサリーの購入ですよね。

そこで1番定番なのは自撮り棒ですね。

Go Proの自撮り棒っていろんな会社が出しています。

価格も安いものから高いものまで色々あります。

安いものだと1500円くらいでamazonで買えます。

しかし、僕は純正の購入をオススメします!!

純正は少し高いですが、純正なりの良さがありました。

この記事では、純正3way自撮り棒のレビューをしていきます。


3wayの使い方

グリップモード

グリップモードはこのように握って撮影するモードです。グリップモードが1番安定して撮影ができます。GoProの基本的な撮影方法ではないかと思います。

主に散歩や風景撮りに最適なモードです。

自撮り棒モード

グリップモードの状態からこのように伸ばすことができます。

これを自撮りモードと僕は呼んでいます。字のごとく自撮りにすごく使えます。

引き伸ばした長さがなんと58cmもあるみたいです!

3人くらいなら平気でカメラの画角に収まりますよ。

大人数の旅行やアウトドアの撮影にぴったりなモードです。

三脚モード

このように三脚として使用することもできます。

三脚モードの三脚は残念ながらあまり安定していません。おまけ程度と考えればいいかなと思います。

このように自撮りモードにして三脚を使うこともできますが、安定しなさすぎて危険です。

よって、三脚モードにする際は、GoPro本体に直付けしてください。

純正3wayのメリット

GoProの刻印がかっこいい

これに関しては機能云々ではなく、GoProブランドを使っているんだ!という意識的な要素が強いです。

やはり純正を使っていると、撮影してる時にテンションが上がります。

テンションは撮影にすごく大事だと僕は思うので、ここは大きなメリットだと思いますね。

純正なので頑丈

使って見た感じだと頑丈ですね。さすが純正と言った所。

正直、他の安物3wayと比較していないので、説得力は低いですが、頑丈ではあることに間違いはないですね。

純正3wayのデメリット

値段が高い

やっぱ値段ですよ。

純正3wayは高いです!8000円前後します。

冒頭にも紹介してますが、純正以外のものは1500円程度で購入できます。

価格で比較してしまえば惨敗の純正3way。

しかし、値段相応の価値はあると思うのでここはケチらずに購入するべきだと思いますね。

三脚のマウントを締めすぎると外れなくなる

この商品の1番ダメなところはおまけ程度の三脚です。

三脚としても中途半端ですし、この三脚締めすぎると外れなくなります!!

これは本当に気をつけてください。

三脚はむしろ使わないほうがいいかもしれません。

まとめ

純正3wayはGoPro買ったら絶対に買うべきアクセサリーです。

goproを買ったらまずこれを買いましょう。

3wayを買わないというなら、ゲーム機買ったのにコントローラーないのと同じです。

購入する際はケチらずに純正を買うことを僕はおすすめします。

関連記事:Go Pro HERO7 BLACKはVLOG(ビログ)に最適なカメラだ!