ガジェット

【filmora】フィモーラの画質はちょっと悪いかもしれない件。編集後画質が下がっている。

関連記事:【超コスパ重視】格安動画編集ソフト「filmora」を半年使ったのでレビューします。

以前、filmoraに関するレビュー記事を書かさせていただきました。

さらにフィモーラを使い込んだ結果、大きな弱点を見つけてしまったかもしれません。

 

それは、filmoraの編集後の画質が悪いという件。

 

これはマジなのか核心に迫っていきたいと思います。

フィモーラは本当に画質が低いのか?

filmoraは編集中の画質はデフォルトで悪いです。

これは前回の記事にも書きましたが、本当に画質が酷いものです。。

でも、編集後には綺麗な画質になっているんですよ。

だから、あまり気にしていなかったんですね。

しかし、これが落とし穴だったんです。

ある日、imovieで編集を久しぶりにしたんですが、filmoraと比較して編集後の映像が明らかに綺麗なことに気づきました。

おや・・・もしやfilmora・・・・

となったわけですよ。

そこでfilmoraの画質についてググってみました。

すると、filmora 画質と検索すると

filmora 画質 劣化

filmora 画質 下がる

femora 画質 落ちる

などとたくさんのネガティヴな検索ワードが出てきました。

他の人も僕と同じような考えを持っている人がたくさんいました。

そこで解決策として、編集した動画を落とし込む際にビットレートを上げれば画質が上がるという記事を見つけたので、実践してみたんですが。

そういう問題でもありませんでした。

そこで、同じ環境、で動画を2つ撮って比べてみることにしました。

実験

機材はカメラがGo Pro Hero 7 Blackです。※設定はどちらも同じです。

関連記事:Go Pro HERO7 BLACKはVLOG(ビログ)に最適なカメラだ!

こちらがフィモーラで編集したものとなります。

そして、下ががimovieで編集したもの

filmoraのほうがなんか曇ってないですか??

filmoraはデフォルトで若干曇ってます。movieの方がクリアじゃないですか?

あと、解像度も低いような気もします。解像度については体感なのでわかりませんが・・

filmoraは映像をカスタマイズできるので、もしかすると、なんとか上手いこと綺麗な映像に仕上げることができるのかもしれませんが、デフォルトでこの状態であればカスタマイズしても同じである可能性が高いと思います。

ちょっと残念だなと思いましたね・・

それでもエフェクト、コスパは画質を超える良さがある。

画質は悪いと言えど、エフェクトの豊富さに対して1万円以下で購入できてしまう圧倒的コスパは「少しの画質くらい諦めるか・・」となってしまうほど優秀です。

前回の記事でも書きましたが、動画編集初心者にはかなりおすすめのソフトですね。

まずfilmoraで動画編集を覚えてみるのが良いかもしれません。

凝ってきたらfinal cut proを買ってしまえばいいだけの話ですしね。