映画の雑学

洋画でよく聞く「サノバビッチ!」の意味は?実は〇〇な意味だった!

はじめまして。映画ブログを運営しているやるのすけと申します。

みなさん、洋画でよくこのような言葉を聞いたことがありませんか?

「サノバビッチ!!」

この言葉、悔しい瞬間、やられた!というようなシーンでよく使われている気がしますね。

では、「サノバビッチ」とは日本語でどういう意味なのかについて解説していきます!

サノバビッチとは?

サノバビッチとは英語で

Son of a bitch という意味です。

これはどう意味かというと、

son=息子

of=〜の

bitch=売春婦

要するに、直訳すると「売春婦の息子」という意味になりますね。

サノバビッチの使い方

「Son of a bitch」を直訳すると、「売春婦の息子」ですが、実際の意味は売春婦の息子という意味で使われていません。

実際、Son of a bitchは「てめえ」「いけ好かない奴」「卑怯な野郎」の意味合いで使われるようです。(参考:ネイティブと英語について話したこと)

冒頭でも述べましたが、この意味合いなら洋画の悔しい瞬間、やられた!というようなシーンで使われていたことも納得できますね。

さいごに

映画で多用されているからといっても、

サノバビッチはあまり良い言葉ではないので、メリカ旅行中に容易く発言しないように!

何かトラブルに巻き込まれてしまうかもしれませんよ。

おすすめ記事:【2019年版】Huluで観れるおすすめSF洋画ランキングTOP10